八神純子 名作アルバムの紹介(3)「TRUTH HURTS」

「八神純子 コンサートツアー2012」に2度参加し、純子さまの歌を聴けば聴くほどその凄さに感動!

いわゆるヒット曲を収録したベスト盤以外のアルバムに興味をもち、集めています。その中から名曲の数々をご紹介したいと思います。

第3回はアルバム「TRUTH HURTS」(トゥルース・ハーツ)。


画像



レコード会社をNECアベニューに移籍後の第1作アルバム。{働く女性}のリアリティと,ロマンティズムのバランスを追求したアルバムとか。ロス録音です。


では気に入った曲のご紹介です。

TAKE ME TO THE SKY ~自由の女神のように~




珠玉の名曲です。あまりの美しさに感動するしかありません。歌い方もお見事です。米国と英国を結ぶ愛、飛び立つ愛。なかなか意味深です。


WORKING WOMAN(良妻賢母)



働く女性、ワ-キング・ウーマンをテーマにした作品。バック・コーラスがとても楽しい明るく軽快な曲で元気になれます。


SANDINISTA



スケールの大きい曲想とメロディーがダイナミックに転換し進行していく感じがとても気に入っている作品です。純子さまの歌唱が曲を盛りあげます。


TRUTH HURTS(真実は傷つくもの...)




アルバムタイトル曲。スリリングな展開の作品ですが、このようなタッチの歌唱もお得意なんですね。ヤマハ時代を卒業後、わりと耳にします。


全曲ご紹介できずすみませんが、収録曲は以下のとおりです。

1. サンキュー・フォー・ザ・パーティー
2. トゥルース・ハーツ(真実は傷つくもの)
3. サンディニスタ
4. テイク・ミー・トゥ・ザ・スカイ(自由の女神のように)
5. クレイジー・ラヴ
6. ワーキング・ウーマン(良妻賢母)
7. 愛を熱く語れ
8. テレフォン・ナンバー
9. タイム
10. ネヴァー・トゥー・レイト



機会があればお聴きください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック