全日本フィギュア・女子SP

いよいよフィギュアスケート界の、この1年を締めくくる「フィギュアスケート・全日本選手権」が開幕しました。

女子SPが行われ、緊張感の中、白熱した演技が繰り広げられました。

結果は、いわゆる実力者が上位を占め、大きな番狂わせはなかったですね。


kihira.jpg



結果(敬称略)

1.紀平梨花  73.98

2.宮原知子  70.11

3.坂本花織  69.95

4.樋口新葉  68.10

5.山下真瑚  66.64

6. 本田真凜  65.92



実力者、上位4人にそれほど大きな点差はありませんが、点差以上に実力差を感じたのは私だけでしょうか?

フリーの演技で、たとえ紀平選手が何度も転倒して優勝できなかったとしても、現時点で世界と戦えるのは紀平選手しかいないと感じました。

この前のグランプリ・ファイナルを見てしまいましたから。

フリーで注目するのは、紀平選手の4回転と樋口選手のトリプルアクセルですね。

ジュニアの選手のトリプルアクセルにも期待します。

 チャレンジを!





「紀平梨花 2020年 カレンダー 壁掛け」です。




「フィギュアスケートマガジン2019-2020 Vol.4 グランプリファイナル特集号 」です。




Number(ナンバー)991「特集 フィギュア新時代 もっと強く、美しく。」 です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント