逆風の進次郎氏

小泉進次郎環境大臣に第1子誕生とのこと。

進次郎.jpg


 おめでとうございます。


ところで進次郎氏、最近は何をしても逆風にさらされてしまうようです。

2週間の育休も問題視されたり。

休むことは悪いことばかりではないと思います。


昨年、無責任野党と言われる立憲民主、共産、社民党などが審議拒否して2週間くらい国会を休んだことがありました.。

そのときの国会運営は実に円滑に有意義な議論がなされたようです。

ずっと休んでればいいのに・・・と声が出始めたころ、「こりゃまずい」と思ったのかどうか知りませんが審議拒否という名の休みをやめました。

小泉環境大臣もそんな声が出ないことを祈っております。

基本は国会議員としてきちんと仕事をしているかどうかですから。


今、マスメディアは手のひらを返したように進次郎氏に逆風を吹かせています。

これはマスメディアの常とう手段のようですね。


以前、美輪明宏さんが言っていました。

 マスメディアは高く上げて、そのあと突き落とすのよ。

落とすために高く上げる・・・ひどいですね。


以前、ノムさん(野村監督)が言っていました。

 称賛はやがて批判に変わり、非難になる。


おふたりの含蓄のあるお言葉でした。

要するに、ロクなもんじゃないマスメディア。


進次郎さんは逆風を突破できるでしょうか?



「人生100年時代の国家戦略 (日本語) 単行本」です。




「稼げる農業 AIと人材がここまで変える (日本語) 単行本 」です。




「病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ (角川新書) (日本語) 新書」です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント