2020大相撲初場所、徳勝龍V

2020年、大相撲初場所は、おそらく場所前の誰も予想していなかったであろう・・・

 徳勝龍

が優勝しました。


 おめでとうございます!


涙の優勝です。

相撲.jpg


33歳、幕尻での優勝。先場所までは幕内と十両を行ったりきたり。

しかし、14勝1敗で、千秋楽に大関貴景勝を破っての優勝ですから、まぐれとはとても言えません。


今場所は土俵際、攻め込まれてからの突き落としで勝つ相撲が多かったのですが、貴景勝戦は真っ向勝負で勝ち切りました。

勝負の世界、何が起こるかわからないとはいうものの、それにしても。。。


優勝力士インタビューがなかなか興味深かったです。


「優勝は意識していないと言ってましたが、ウソです。」


本音でしゃべってくれると楽しいですね。場内爆笑でした。

「仕切りの途中でのどがカラカラになり水を飲みました。」

それは仕方ないでしょう。幕尻の力士が千秋楽で結びの一番を取ったのですから。

これより三役のそろい踏みもぎこちなかったです。^^

場所中に近畿大学相撲部の恩師が亡くなった話題では涙がこらえきれませんでした。


とても爽やかな優勝インタビューでした。


優勝争いをしていた正代の地元熊本と徳勝龍の地元奈良がかなり盛り上がっていました。

こういうシーンもいいですね。


今場所は早々に2横綱が休場し、なにやら横一線の勝負という感じがして盛り上がりました。

かえって面白かったです。


次の春場所は、

・朝乃山の大関獲り
・豪栄道の大関復帰

がどうなるかが見どころでしょう。


 力士のみなさん、お疲れさまでした。




「令和二年 (2020年) 大相撲力士名鑑」です。




「全部わかる大相撲ガイド」です。




「大相撲語辞典:相撲にまつわる言葉をイラストと豆知識でどすこいと読み解く Kindle版 」です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント