よろしく、どうぞ

私がよく聴いている演歌の世界では、わりと年配の方が多いです。

私も他人のことは言えないのですが、私より年上の方がかなりいらっしゃいます。

そこで、その年配いや先輩の方々からよく聞く言葉が・・・

 よろしく、どうぞ

です。

よろしく.jpg


たとえば北島三郎さんとか鳥羽一郎さんが言っているのを聞きました。

それを聞くたびに若干の違和感が。。。


これは

 どうぞ、よろしく

ではないのか?

少なくとも若い方から聞いたことはありません。


ひょっとして昔は「よろしくどうぞ」だったのか?

それならなぜ「どうぞよろしく」になったのか?



ひとつのアイディアが浮かびました。



「どうぞ、よろしく」は・・・


 Please,・・・


に対応しているのではないか・・・というアイディアです。

 Please, go home!  (帰ってください)

みたいな感じで。


戦後の英語教育によって、

 どうぞ、・・・


が主流になったのか?

あるいは、戦後6年間、日本を占領していた勢力がそう言わせたのか?



謎です。



だが、ちょっと待てよ・・・

 Sit down, please. (座ってください)

という言い方もあるな。。。


やはり、謎・・・だ。^^:




さて、この度、このブログと連動するホームページ「演歌の逆襲」を開設しました。こちらにも遊びにいらしてください。

  → クリック



「これが聴きたい! 北島三郎」



アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント