我が青春の名曲2 Kとブルンネン「何故に二人はここに」

我が青春の名曲のご紹介を始めましたが、いったいどのあたりの時期のものが主体かというと、1965年あたりから1980年あたりまででしょうか。。。ということでご了解お願いします。

歌謡曲全盛時代、グループサウンズ、フォークソング、ニューミュージック(死語?)、アイドルソング・・・とジャンル的にもいろいろありますねぇ、この時代は!

さて、その第2回は

 Kとブルンネン 「何故に二人はここに」

です。

作詞:山上路夫、作曲:鈴木邦彦 1969年


画像



ヒデとロザンナ、トワエモアといった男女ユニット全盛時代。その陰に隠れた存在ではありましたが静かな人気をよんでいました。この曲はフォークっぽい感じもして、若者に人気だったと思います。

クラスの同級生のA君が教室の窓辺で外を見ながら寂しげな顔をしてこの歌を歌っていた。その後、A君は家出をそてしまい、会えなくなった・・・的なドラマをバックグラウンドで感じることができます。まさにバック・グラウンド・ドラマ、BGDですね。^^

さて、ブルンネンがどこの国の方かは知りませんでしたが。。。どことなく寂しげな表情が印象的でした。今はどうしているんでしょうね。「あのひとは今」でもさすがにKとブルンネンは出てきません。

また、Kとブルンネンが歌った「あの場所から」は、その後、柏原芳恵さんが歌いヒットしました。けっこうイイ曲歌っていたんですよ。


♪なぜに~ ふた~りはここに~♪





管理人Y&Kが管理するオリジナル曲をご紹介するサイト
 「空しどしラso~」
です。 こちらにも遊びにいらしてください。
2021.04.22 リニューアルしてスマホ対応しました。

 → クリック










"我が青春の名曲2 Kとブルンネン「何故に二人はここに」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント