我が青春の名曲44 吉田拓郎「元気です」

70年代フォークを全国区へのしあげ、大きな流行へと変えた立役者といえばやはり拓郎でしょう。もちろんたくさんのシンガーたちがひしめきあい流行を支えていたわけですが。

ということで、我が青春の名曲シリーズ、第44回は・・・

 吉田拓郎 「元気です」

です。

作詞・作曲:吉田拓郎 1972年


画像



いよいよ拓郎の登場です! アルバムタイトルにもなり、本ブログ「今日も元気です」の元ともなったこの名曲。多くの人たちに元気を与えたことと思います。

都会へ出てきた青年の4年間(大学生?)の四季に寄り添うようなこの曲。情感深い内容で好きです。今でも時々聴きます。

拓郎の曲を初めて聴いたのは「今日までそして明日から」でした。

 お? なんだろう、この曲・・・

それまでの七五調のスタイルとはかけ離れた詞。字あまり、字足らずなんのその。初めて出会う不思議な感覚でした。

心をわしづかみにされるまでに時間はかかりませんでした。
「イメージの詩」にも驚いたなぁ。でも確かに若者の歌でしたね。


♪そうだげん~きです~よと~ こた~えよう~♪






管理人Y&Kが管理するオリジナル曲をご紹介するサイト
 「空しどしラso~」
です。 こちらにも遊びにいらしてください。
2021.04.22 リニューアルしてスマホ対応しました。

 → クリック









"我が青春の名曲44 吉田拓郎「元気です」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント