演歌の逆襲!第4回 名曲は死なず「雪つばき」

  地方創生の時代 「地方の活性化は演歌で!」

ということで、これから演歌の逆襲が始まるのです。

 よっしゃ、いくぞっ!

ありがとうございます。そう期待している方は結構多いのではと感じます。演歌の将来は実に明るい!

さて、演歌の逆襲シリーズ、第4回は歌い継がれる名曲「雪つばき」(作詞:坂口照幸、作曲:市川昭介)にスポットを当てたいと思います。この「雪つばき」、3人の方に歌われており、知名度も上がってきたことでしょう。なお、小林幸子さんの「雪椿」とは違う曲ですので、ご注意ください。


では、その3人の方と歌を順を追ってご紹介します。


まずは、「雪つばき」の元祖・大杉美栄子さん・・・ですが、大杉さん、元祖「雪つばき」以外は情報がありません。すみませんです。何かご存じの方がいらしたら教えてくださいね。EPレコードのジャケットはありました。

画像



大杉美栄子さんの歌をお聴きください♪





続いて二代目「雪つばき」・村上幸子さん。村上さんは美貌の歌手でいらっしゃいましたが、美人薄命の言葉どおり、31歳の若さでご他界されました。残念なことです。

画像



村上幸子さんが残された「雪つばき」。哀愁を帯びた作品になっています。これが村上さんの持ち味とも言えますので、しっとりと聴かせてくれます。





最後は、現在この曲をヒットさせている三代目「雪つばき」・大道マコさん。大道さんは、カラオケの指導者としての一面ももっていらっしゃるそうです。

画像



ギター・ヴァージョンをお聴きください。大道マコさんの「雪つばき」は、有線放送を中心に只今ヒット中です♪




歌い継がれる「雪つばき」いかがでしたでしょうか?不思議な魅力をもった歌ですね。これからも多くのファンをつかんでいくことと思います。演歌の逆襲シリーズでは、名曲の紹介もしていきますので、これからもご愛顧、よろしくお願いいたします♪



こちらも合わせてご覧ください。


●演歌の逆襲シリーズ

第1回 ”期待の若手女性歌手” → クリック

第2回 ”花開け、市川由紀乃” → クリック

第3回 ”ふたりの永井嬢”  → クリック

第5回 ”キララと輝く川野夏美” → クリック

第6回 ”ご当地ソング・真の女王、岡ゆう子” → クリック

第7回 ”貴公子でええじゃん、竹島宏” → クリック

第8回 ”京都から七尾まで、多岐川舞子” → クリック

第9回 ”スポットライトが似合う奴、山内惠介”  → クリック

第10回 ”いざ、北陸へ”  → クリック

第11回 ”ムード歌謡の新しい波”  → クリック

第12回 2015年、演歌の顔 三山ひろし  → クリック

第13回 ”湘南の歌姫 三代沙也可 ”  → クリック

第14回 ”AKB卒業は吉 岩佐美咲 ”  → クリック

第15回 ”独断と偏見のお薦め曲1 ”  → クリック

第16回 ”骨まで癒して 森山愛子 ”  → クリック

第17回 ”いろいろ天国 島津悦子”  → クリック

特別篇 ”熊本・大分ご当地ソング”  → クリック

第18回 ”羽ばたく歌声 工藤あやの”  → クリック

第19回 ”噂のエンターティナー 真木柚布子”  → クリック

第20回 ”ドンと響け! 津吹みゆ”  → クリック

第21回 ”2016年度赤丸急上昇! 丘みどり ”  → クリック

第22回 ”やすらぎの女 真木ことみ”  → クリック

第23回 ”スーパー銭湯の覇者 純烈”  → クリック

第24回 ”天は二物を与えてしまったのか 岩本公水”  → クリック

第25回 ”ドレスから着物に着替えてブレイク 瀬口侑希 ”  → クリック







雪つばき~ギターバージョン~
ウイングジャパン
大道マコ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 雪つばき~ギターバージョン~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




カウンターカウンター

"演歌の逆襲!第4回 名曲は死なず「雪つばき」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント