おやじのネットライフ-9 みんなユーチューバーになれるのか?

中高年もネットライフを楽しもう!

ということで、一例としてただのおやじの私がどんなことをやっているかご紹介したいと始めた企画です。

高度なことは何もありませんが、何かの参考になれば嬉しいです。



今、小学生の将来なりたい職業のひとつがユーチューバー(Youtuber)です。

youtube.png


では、ユーチューバーって、なろうと思えばみんななれるのでしょうか?


結論から言うと、

 なれます・・・・・なるだけなら。。。


YouTubeにアカウントを作れば誰でも動画を投稿できるので、その瞬間にユーチューバーになれるのです。

私もオリジナル曲の紙芝居的な動画を投稿しているので、一応ユーチューバーなわけです。


小学生はそんな誰でもなれるユーチューバーになりたいのでしょうか?


 違います。


彼らがなりたいユーチューバーは、

 お金の稼げるユーチューバー


です。

ユーチューブでお金持ちになりたいのです。


では、誰でもユーチューブでお金を稼げるのでしょうか?

 そんなことはありません・・・残念ながら。


ユーチューブでお金を稼ぐってどういうことなのでしょうか?


ユーチューブを見ていると、突然広告が入ったり、画面の下の方に広告が表示されているのを見たことがあると思います。

あれがお金につながるのです。

 Googleアドセンスの広告収入(アフィリエイト)

と言います。アフィリエイトの1種なんです。


その広告で物を買うひとが結構いるということですね。

広告がついている場合、動画の再生回数1回につき約0.1円の収入が発生します。



ただし、

 誰でも広告を付けれるわけではありません。


ここが重要ですね。

広告を付けるためには、2つの条件をクリアしなければいけません。


1つは、

 チャンネル登録者 1,000人


チャンネル登録者とは、フォロワーですね。

その人の動画が見たいとチャンネル登録をして情報を得るわけです。

ちなみに私のチャンネル登録者は、現在5人です(爆笑)。

お金を稼ごうと思っていないので気にしていませんが、こんな弱小ユーチューバーからすると、1000人というのは途方もない数字です。

でも何かの動画がヒットするとグンと増えますので最初からあきらめることはありません。

もちろん、登録者数や再生回数を増やすための不適切な動画はいけませんが。


そしてもうひとつは、

 過去12ヶ月の総再生時間4000時間


たとえチャンネル登録者が1,000人以上いても、動画を見てもらってなければダメということですね。


この2つの条件をクリアすれば広告を付けることができます。


ここから先は自分しだいで収入が増えていきます。

以上のことがここに詳しく書かれています↓
https://dream-lifepro.com/youtube/



ところで、私がよく動画を見ているメンタリストDaiGoさんは次の動画でユーチューバーについて語っています。





どんな道も甘くはないようですね。





「YouTuber教室 (マンガでマスター) 」単行本 です。




「できるキッズ 親子で楽しむユーチューバー入門」 単行本 です。




「iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座」 単行本 です。


"おやじのネットライフ-9 みんなユーチューバーになれるのか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント