テーマ:我が青春の名曲

我が青春の名曲219 野路由紀子「嫁入り船」

日本には各地域に根付いた伝統的な風習というものがあります。テレビや通信媒体の進化により都市と地方の差がなくなってきましたが。この伝統的な風習は歌の歌詞の中にもよく出てきます。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第219回は・・・  野路由紀子「嫁入り船」 です。 作詞:吉田旺 、作曲:鈴木淳 1973…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲198 大信田礼子「同棲時代」

現在では結婚前のお試し期間として一緒に住んでみるというのは普通のことのようになっていますが、1970年代はちょっと様相が異なりました。  え?!結婚していないのに一緒に住むなんてダメ!! そんな時代が変わっていく雰囲気をとらえた曲がありました。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第198回は・・・  大信田礼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲183 フォークローバーズ「冬物語」

寒さが一段と厳しくなったこの頃。思い出す曲がありませんか?誰にもその季節になるとふと蘇ってくる作品があると思います。季節感たっぷりの青春の名曲なのでしょう、おそらく。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第183回は・・・  フォークローバーズ 「冬物語」 です。 作詞:阿久悠、作曲:坂田晃一 1972年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲179 小室等「比叡おろし」

雪女伝説は数ある妖怪・幽霊の中でも、なにかはかなくせつないストーリーを感じさせるものです。雪の季節となるとふと思い浮かべるこの作品は雪女伝説を思い起こさせます。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第179回は・・・  小室等 「比叡おろし」 です。 作詞・作曲:松岡正剛 小室さんといって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲174 サンディー「グッドバイモーニング」

1970年代に人気を博したラジオ番組「コッキーポップ」でよく流れていた曲です。この頃に聴いた曲はタイトルや歌手などうろおぼえでも曲が流れてくるとすぐにあの頃に戻れます。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第174回は・・・  サンディー「グッドバイモーニング」 です。 作詞:庄野真代、作曲:なかじまかおる 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲149 ズー・ニー・ブー「白いサンゴ礁」

都会の生活に疲れたときにふと胸に浮かぶ遠い南の島の景色。南方憧憬は誰にでもあるのかもしれません。そんな思いを歌にしてくれたような作品があります。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第149回は・・・  ズー・ニー・ブー 「白いサンゴ礁」 です。 作詞:阿久悠、作曲:村井邦彦 1969年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲146 岡田奈々「青春の坂道 」

現在でも美少女としてアイドルになったであろう元清純派美少女が、アラフィフになった今、殆ど変わらぬ姿で現れたら、みなさんは驚きませんか?私は衝撃を受けました・・・!!! ということで、我が青春の名曲、第146回は・・・  岡田奈々 「青春の坂道 」 です。 作詞:松本隆、作曲:森田公一 1976年 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が青春の名曲105 酒井和歌子「大都会の恋人たち」

歌う映画スター・・・なるものが流行ったことがあります。映画全盛時代の話ですね。映画がテレビよりも格が上だった時代です。各映画会社がスターをかかえていました。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第105回は・・・  酒井和歌子 「大都会の恋人たち」 です。 作詞:万里村ゆき子、作曲:戸塚三博 1968年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲54 三木聖子「まちぶせ」

ヒット曲の中には、よい曲なのだがあまり売れず、それでもカバーしてみたところついに売れたというケースがあります。最初に歌っていた歌手は忘れられがちです。まして引退してしまっていれば。。。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第54回は・・・  三木聖子 「まちぶせ」 です。 作詞・作曲:荒井 由実 1976年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲44 吉田拓郎「元気です」

70年代フォークを全国区へのしあげ、大きな流行へと変えた立役者といえばやはり拓郎でしょう。もちろんたくさんのシンガーたちがひしめきあい流行を支えていたわけですが。 ということで、我が青春の名曲シリーズ、第44回は・・・  吉田拓郎 「元気です」 です。 作詞・作曲:吉田拓郎 1972年 いよ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

我が青春の名曲40 チューインガム「風と落ち葉と旅びと」

70年代はシンガーソングライターがブームとなり、手作りの作品で大ヒットを飛ばすという夢が見れた時代でした。フォークシンガーを目指す若者もたくさんいました。 さて、我が青春の名曲シリーズ、第40回は・・・  チューインガム 「風と落ち葉と旅びと」 です。 作詞:松田りか・たかさきくにすけ、作曲:松田りか 1972年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲12 今井美樹「オレンジの河」

青春時代の名曲をご紹介するこのシリーズも12回目となりました。意外とネタは尽きないものですね。名曲はたくさんあります。まだまだ行きますよ! 第12回は・・・  今井美樹 「オレンジの河」 です。 作詞:小林和子、作曲:中崎英也 1986年 「瞳が微笑むから」を聴いて大ファンになった今井美樹さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲11 ピンクピクルス「僕にさわらせておくれ」

「我が青春の名曲」、私の青春時代に心の琴線に触れた曲をご紹介しています。フォークソングの比重はかなり高いですね。 さて、第11回は・・・  ピンクピクルス 「僕にさわらせておくれ」 です。 作詞:戸田良子、作曲:大杉文雄, 二村健二 1971年 ピンクピクルスと同じ時期、同じ関西出身の女性2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲7 テレサテン「香港」

「我が青春の名曲」として、私の心に残る名曲をご紹介しています。 中には、それほど大ヒットしなかったけど、よい曲なのでみなさんに知ってもらいたい・・・そんな曲もあります。そんな曲も積極的にご紹介しています。 ということで第7回は・・・  テレサテン 「香港」 です。 作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲6 八神純子「雨の日のひとりごと」

ヤマハのポプコンといえば新人歌手の登竜門的な役割を果たしていましたが、ときどき驚くほどの逸材が現れるときがありました。 最初に聞いたのは確かポプコン協賛の人気ラジオ番組「コッキーポップ」です。 地方予選参加曲の中から紹介されたんじゃなかったかと思いますが、それが今回の「我が青春の名曲」、第6回・・・  八神純子 「雨の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が青春の名曲4 由紀さおり「両国橋」

ここでご紹介する名曲は、大ヒットしなかった隠れた名曲も多々あると思いますが、意外とそんな曲ほど強く心に刻まれているかもしれません。 ご存知の方が少ないんじゃないか、でもみなさんに知って欲しいな・・・そんな曲を今日はご紹介します。 第4回は・・・  由紀さおり「両国橋」 です。 フォークソングの作り手としても…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我が青春の名曲2 Kとブルンネン「何故に二人はここに」

我が青春の名曲のご紹介を始めましたが、いったいどのあたりの時期のものが主体かというと、1965年あたりから1980年あたりまででしょうか。。。ということでご了解お願いします。 歌謡曲全盛時代、グループサウンズ、フォークソング、ニューミュージック(死語?)、アイドルソング・・・とジャンル的にもいろいろありますねぇ、この時代は! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more