テーマ:新・我が青春の名曲

新・我が青春の名曲20 野口五郎「季節風」

新・我が青春の名曲、第20回です。 新御三家のひとりとして人気を誇った野口五郎さん。 今もバリバリの現役、伸びのある高音と確かな歌唱力で存在感を示しています。 そんな五郎さんの若き日の曲の中で、私が一番好きだった曲が「季節風」です。 五郎さん主演の同名映画の主題歌で、とてもドラマチックで切ない内容の歌です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲19 五輪真弓「愛の蜃気楼」

五輪真弓さんといえばレコード大賞受賞曲「恋人よ」がすぐに思い浮かびます。 「恋人よ」収録アルバムをよく聴いていましたが、その中の「愛の蜃気楼」がとても印象に残っています。 冬の夜に聴きたい名曲です。  ♪あいは~ いつも~ みのり~しらず~♪ 作詞作曲:五輪真弓 さん です。 どうぞお聴きください♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲17 猫「雪」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第17回は、フォークソングの名曲・・・  猫「雪」 です。 猫というと吉田拓郎さんと関係の深いユニットですが、大人っぽい曲を歌うイメージがありました。 デビュー曲「雪」もそのような感じにあふれています。 今、聴いても色あせることない名曲です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲16 都はるみ「小樽運河 」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第16回は、ジャンルを超えた名曲・・・  都はるみ「小樽運河 」 です。 都はるみさんほどの歌唱力ですと、もはやジャンルは関係ありません。 作り手の側もそれを心得ている。そして名曲が生まれた。 ジャズ風アレンジが心地よいです。  ♪いぇ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲15 沢ひろしとtokyo99「愛のふれあい 」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第15回は、ムード歌謡の名曲・・・  沢ひろしとtokyo99「愛のふれあい 」 です。 当時、小学生の私には歌詞の意味ははっきりとはわかりませんでしたが、オトナの男女の歌ということはわかりました。 この曲とロス・インディオス「知りすぎたのね」には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲14  美樹克彦「回転禁止の青春さ」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第14回は、少年たちに人気だった名曲・・・  美樹克彦「回転禁止の青春さ」 です。 美樹克彦さんの代表曲は「花はおそかった」ですが、そのブレイクの下地を作ったのが、当時の人気番組「ちびっ子のどじまん」でした。 少年少女が歌を競い合う番組ですが、少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲13 オックス「ガールフレンド」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第13回は、GSの名曲・・・  オックス「ガールフレンド」 です。 GS(グループサウンズ)の全盛期、オックスは今でいうインディーズのGSとして関西で活動していましたが、演奏中にファンが失神する騒ぎを起こし、失神バンドと呼ばれていました。 その勢い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲12 井上陽水「いつのまにか少女は」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第12回は、青春の名曲・・・  井上陽水「いつのまにか少女は」 です。 「いつのまにか少女」は映画”放課後”の主題歌に採用された楽曲です。 ”放課後”は多感な女子高校生の淡い恋を描いた青春映画でした。 このとき挿入歌だった「夢の中へ」が注目さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲11 讃岐裕子「ハロー・グッバイ」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第11回は、青春の名曲・・・  讃岐裕子「ハロー・グッバイ」 です。 「ハロー・グッバイ」は柏原芳恵さんの歌でヒットしましたが、柏原さんは三代目です。 初代がアグネス・チャン、二代目がご紹介の讃岐裕子さんです。 讃岐裕子さんはとても爽やかな歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲10 はしだのりひことシューベルツ「朝陽の前に」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第10回は、フォークソングの名曲・・・  はしだのりひことシューベルツ「朝陽の前に」 です。 単なるラブソングというよりは、平和を願った歌のように聴こえます。 当時の世相を反映しているのでしょう。 作曲をした杉田二郎さんがメインボーカルを担当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲9 稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第9回は、クリスマスを迎える複雑な恋模様歌った・・・  稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」 です。 クリスマスが近くなるとよく聴いた曲ですが、最近はどうなんでしょうか。 ハッピーなクリスマスばかりではないという設定が新鮮でもありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲8 稲垣潤一「メリークリスマスが言えない」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第8回は、ちょっと寂しいクリスマスを歌った・・・  稲垣潤一「メリークリスマスが言えない」 です。 おそらくクリスマスだからこそ、ちょっと寂しい愛の形を歌ったこの歌を作られたんだと思います。 稲垣潤一さんのもうひとつの名曲「クリスマスキャロルの頃に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲7 ザ・タイガース「落ち葉の物語」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第7回は、伝説のグループサウンズの・・・  ザ・タイガース「落ち葉の物語」 です。 グループサウンズのブームを熱狂に導いたザ・タイガース。 その熱狂の幕開けともいうべき「君だけに愛を」のB面が「落ち葉の物語」です。 私はこのレコードを持ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲6 キャンディーズ「なみだの季節」

私の青春時代の名曲をご紹介する新・我が青春の名曲シリーズ。 第6回は、伝説のアイドル・ユニット・・・  キャンディーズ「なみだの季節」 です。 みなさんにはお気に入りのアイドルはいましたか?  私はキャンディーズでした。デビュー当時からのファンでした。 「年下の男の子」でブレイクするまで時間が掛かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲5 ザ・フォーク・クルセダーズ「青年は荒野をめざす」

早くもやってきました、新・我が青春の名曲。いろいろご紹介したいので回数が増えそうです。^^; さて、第5回は、あの、あの、伝説的グループの数ある名曲の中から・・・  ザ・フォーク・クルセダーズ「青年は荒野をめざす」 です。 故郷を、家を、恋人を捨て、果てしない荒野へ旅立つ若者を描いた傑作です。 まさにフロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲4 ザ・ジャガーズ「マドモアゼルブルース」

今週もやってきました。新・我が青春の名曲。サタデー企画になりつつあります。 さて、第4回はグループサウンズの数ある名曲の中から・・・  ザ・ジャガーズ「マドモアゼルブルース」 です。 ザ・ジャガーズはグループサウンズには異色の大人っぽく色気のある雰囲気を漂わせていました。 ボーカルの故岡本さんが醸し出してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲3 かまやつひろし「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」

新・我が青春の名曲シリーズ、週イチくらいのペースでやっていこうかなと思っております。 年50曲くらいですね。何年もいけそうだ。あはは。 さて、第3回は1970年代フォークソング全盛の時代に生まれ、今も輝きを放つ名曲をご紹介します。  かまやつひろし「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」 です。 かまやつさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲2 Buzz「ケンとメリー ~愛と風のように~」

新・我が青春の名曲シリーズ、まずまずの船出をしたようだと勝手に思っております。。。  私だけでしょうか?^^; さて、第2回は1970年代フォークソング全盛の時代に異彩を放った名曲をご紹介します。  Buzz「ケンとメリー ~愛と風のように~」 です。 なんともセンスのいい曲で、とても話題になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・我が青春の名曲1 ザ・ゴールデンカップス「長い髪の少女」

約10年ほど前、このブログで”我が青春の名曲”というシリーズを書いていました。 私が青春時代に好きだった曲をご紹介するという企画で、基本的に1歌手1曲というスタイルでご紹介していました。 200を超えたあたりでお休みに入り、その後、人気があったものを残して記事を削除してしまいました。 でも、今でも残った記事へのアクセス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more