テーマ:映画

「終戦のエンペラー」を見て

久々すぎるブログの更新です(汗)。 本日封切りの「終戦のエンペラー」を見に行ってきました。封切り初日に映画を見るのは・・・何年ぶりかな。 予告編↓ 第2次世界大戦の終戦が舞台ということで、観客の平均年齢はかなり高いですが、なかなかの混雑でありました。 第2次世界大戦における昭和天皇の戦争責任の有無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「渾身」を見て

今年、映画館で見た初めての映画が「渾身」です。  なにやら相撲に関する映画のようだ。主演は男優も女優も知らん。たぶん空いているだろう。 この程度の認識で見に行ったわけですが、近所の映画館はやはり空いてはいました。が、予想外に面白かったです。 舞台は隠岐諸島。島に伝わる伝統の古典相撲を題材にストーリーは展開します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀北真希の「白夜行」

春一番が吹き、キャンディーズを思い出しているオヤジです。 それはそれとして、先日、堀北真希ちゃん主演の映画「白夜行」を見ました。 東野圭吾原作ですが、ストーリーを知らない方は知らずに見た方がいいので、ストーリーについては一切触れえませんが、この映画のもうひとつの見所は・・・  堀北真希ちゃんがどう演ずるか? だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早口の「ソーシャルネットワーク」

昨秋から映画づいているオヤジですが、邦画中心でしたので、洋画を映画館で見たのは何年ぶりでしょうか。それほど久々に洋画、「ソーシャルネットワーク」を観ました。 Facebookという学生のための世界最大のSNSを作った男が主役ということで興味をもったからです。  今風だな。イイゾ。。。 映画を見てまず驚くのは、主役のマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の忠臣蔵」を見た!

「悪人」を見て以来、映画のマイ・ブームが続いているオヤジです。年末最後に、  「最後の忠臣蔵」 を見ました。  よかった~。 泣けた~。 赤穂浪士の生き残りの武士の魂を描いた作品ですが、その忠義心、ストイックな男の潔さに、みな、涙するのでした。あちこちですすり泣く声が。 役者もすばらしかったです。 役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続三丁目の夕日と自虐の詩

3連休、以前見ようと思いつつ機会を逸していた映画をレンタルDVDでようやく見ました。それは・・・  続三丁目の夕日 and 自虐の詩 です。 「三丁目・・・」は前作を見ているので大体の様子はわかり、期待通りでもあり想像通りでもあり。 当時の時代が蘇ってくるのは歳のせいでしょう。ははは。 しかし売れっ子アイドルだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自虐の詩

今は廃刊となってしまった「週刊宝石」という週刊誌が私は好きでした。いくつかの名物企画があったのですが、ひときわ異彩を放っていたのが、4コマ漫画の・・・  自虐の詩(うた) でした。 「週刊宝石」という雑誌は微妙な位置づけにありました。 (週刊朝日、週刊新潮、週刊文春) > (週刊現代、週刊ポスト) > 週刊宝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フラガール

レンタルDVDでなかなか借りることができなかった作品をようやく見ることができました。それは・・・  フラガール です。 昭和40年の常磐炭鉱が舞台。 炭鉱が下火になり、新たなビジネスとして「常磐ハワイアンセンタ-」を建設、地元の女性たちが、フラダンスのダンサー=フラガールとして特訓を受け、デビューするまでのお話なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッポン、ゲ・ゲ・ゲ

GW企画第2弾、見に行ってきました。実写版映画・・・  ゲゲゲの鬼太郎 を。むはは。 まず現代のCG、音響効果に驚きました。いつもは家でDVDを見てお茶を濁す程度で映画館へ行くのは久しぶりでしたから。 一反木綿の飛ぶシーンはとてもよかったですね。CGも海外の実力あるスタッフを動員してのこの映画、力作でした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎

日本に生まれた少年少女が最初に触れるスピリチュアルな世界は何か? それは・・・  ゲゲゲの鬼太郎 だと、私は考えています。正気です。 私が最初に「ゲゲゲの鬼太郎」と出会ったのは、小学校2年生のとき、少年マガジンの誌上でした。 当時、漫画好きだった私は、少年マガジン、少年サンデー、少年キング、少女フレンド、マーガレット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スーダラ伝説

植木等さんが逝く。クレージーキャッツ全盛時代、私は小学校低学年。かろうじてリアルタイムでそのご活躍に触れていました。 シャボン玉ホリデーのコント、スーダラ節をはじめとするヒット曲の数々、・・・ 一番印象に残っているのは映画でしょうか。 特にクレージーの映画を見に行ったわけではありません。「ゴジラ対×××」といった怪獣映…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

銀恋

今週は火曜から夏休みです。特に旅行へ行くわけでもなく、家でのんびりと1日1本のペースで映画のDVDを鑑賞しています。今回はちょっと変わったところで日活の古い映画、特に石原裕次郎主演作品を見ています。「太陽の季節」「狂った果実」ときて、今日は・・・  銀恋・・・「銀座の恋の物語」  を見ました。 銀恋といえばカラオケ・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コトー先生

最近、よくDVDを借りて見ています。「3丁目の夕日」から始まって、「半落ち」、「博士の愛した数式」と見たのですが、驚くべきことに、その3本の映画すべてに出演していた俳優がいました。それは・・・  吉岡秀隆 でした。 「3丁目の夕日」は私が、「半落ち」は家内が、そして「博士の・・・」は息子が借りてきたもので、特に偏った選…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3丁目の夕日

プチ夏休み2日目の昨日、DVDを借りてきて、以前から見たかった・・・  「Always 3丁目の夕日」 を見ました。 時代設定が昭和33年。ほとんど私の生まれ年。 ということで私が物心ついたときに見た町の景色は昭和36~7年ですが、当時は今と違ってゆっくりと時間が動く時代。ほぼ知っている風景と出会うことができました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more