フィギュア四大陸選手権、紀平選手V2!

フィギュアスケート四大陸選手権、女子FSが行われ女子シングルの最終結果が出ました。

四大陸.jpg


SPで首位発進した紀平選手が昨年に続き優勝しました。

 おめでとうございます!


やってくれました。^^

SPの点差から、まぁ優勝は固いと思っていましたが、最終滑走の紀平選手の直前に滑った韓国のユ・ヨン選手がトリプルアクセルを決め高得点を出したので若干不安になりました。

しかし紀平選手、最初のトリプルアクセルは抜けてしまいましたが、2つ目をコンビネーションで決め、後は危なげなく滑り終えました。

結局、FSも首位の完全優勝でディフェンディング・チャンピオンとして貫禄の優勝でした。


しかし、ユ・ヨン選手はまだ15歳。伸びしろも充分にあり、今後はライバルになってくるような気がします。

同じ浜田コーチなんですね。かつての羽生選手とフェルナンデス選手みたいです。

紀平選手には、4回転をマスターして一歩先を行ってもらいたいものです。


樋口選手はトリプルアクセルに、坂本選手は4回転に果敢に挑戦。転倒しましたが、良い経験になったと思います。

特に樋口選手は6分間練習ではきっちり着氷しており、世界選手権が楽しみです。

波に乗ってきた感じがします。


最終順位です(敬称略)。

1 紀平梨花 232.34

2 ユ・ヨン(韓国) 223.23

3 ブラディー・テネル(米国) 222.97

4 樋口新葉 207.46

5 坂本花織 202.79

6 キム・イェリム(韓国) 202.76




200点超え続出のすごい大会でした。

 お疲れ様でした!





「フィギュアスケート通信DX 四大陸選手権2020 最速特集号」




「フィギュアスケート通信DX 世界選手権2020 最速特集号」




「フィギュアスケートLife Vol.20」




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント