全国のお菓子な時間4 山口県「ひとつった外郎」

お菓子好きの私がこれまで全国各地から取り寄せてきた美味しいお菓子をご紹介する…

 全国のお菓子な時間

です。


第4回は、

 山口県 の 「ひとつった外郎」 by ほうえい堂

です。


山口県には仕事で何度か行きました。

空港のある宇部市に行ったとき土産物屋を覗くと、やはり外郎が目につきました。


外郎(ういろう)は山口県の名物ですが、”ひとつった”は山口県の方言で”ひとつずつ”という意味です。

山口県の言葉というと、言葉の前に「ぶち」をよく付けるのは知っていましたが、「ひとつった」は知りませんでした。^^;


また、山口県の外郎は遠く室町時代から作られているそうで、まさに歴史的なお菓子です。

そのためたくさんの外郎屋さんがありますので、外郎好きの方はいろいろなお店のものを試してみるのもいいでしょう。

外郎の形状も様々で、これも選ぶ基準になります。


「ひとつった外郎」は薄い板状ですが、他の外郎では羊羹のような棒状、サイコロのようなキューブ状というのもあります。

「ひとつった外郎」では小豆、抹茶、季節の外郎をセットにしていますが、季節の外郎として・・・

早春:よもぎ、春:さくら、夏:だいだい、秋:栗、冬:ゆず

があります。

いずれも甘さ控えめでモチモチとした食感がお楽しみいただけます。


ほうえい堂で製造販売されています。

https://www.houeidou.com/


ひとつった外郎.jpg


 機会があったら是非どうぞ!


*ご参考
ネットショップ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/houeidou/





管理人Y&Kが管理するオリジナル曲をご紹介するサイト
 「空しどしラso~」
です。 こちらにも遊びにいらしてください。

 → クリック



「るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’21 (るるぶ情報版地域) 」





カウンターカウンター

"全国のお菓子な時間4 山口県「ひとつった外郎」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント